法規制の範囲外?手軽に始められるトイドローンとは?

ドローンには2種類あります。

航空法で飛ばせる場所や色々なルールが決まっているのは
重量が200gを超えるドローンです。

こちらの記事でご紹介したドローン
この200gを超える一般的なドローンです。

MavicやPhantomシリーズなどの
高性能なドローンとは違い、200g以下で手のひらに乗るサイズで
初めての1台にも最適なドローンです。

この小さなドローンのことを
”トイドローン”と言います。

トイドローンは機体重量が200g未満のドローンのことを指し
法律上、おもちゃ、として扱われます。

200g以上のドローンは、改正航空法が適応され
飛行可能空域の制限や各種の申請が必要となります。

ですから、比較的安価で購入することができ
室内で飛ばして飛行操縦の練習にもなるトイドローンから
始められる方もいます。

とはいえ”おもちゃ”ですから、実際の操作性や
できることはドローンと異なります。

本格的な撮影をしたり、作品を作ったり、仕事に使いたい方は
トイドローンではなく、DJI社のMavicシリーズやPhantomシリーズの
購入をオススメします。

トイドローンにもいくつか種類や出しているメーカーがありますので
オススメの機体を3つご紹介します。

200g未満で操縦練習にもなるトイドローンおすすめ3選

それでは、トイドローンのオススメ機体を3つご紹介しましょう。

トイドローンは入門機ですから、ネットや家電量販店などで見て
気に入ったものを購入されるのが良いかと思います。

オススメ機体1:室内での操縦練習に最適
Hubsan X4 (by G-Force社)

価格:
8,000円〜10,000円

Amazon販売ページ:
http://amzn.asia/d/5OjMEKX

G-Force社 (ジーフォース)のHubsan (ハブサン)は
トイドローン愛好者だけでなく、ラジコンヘリをされている方からも
好評な機体です。

室内でも飛ばすことができ、多少ぶつけても壊れない頑丈な機体なので
特にラジコンなども飛ばしたことがない、初心者の方に向いています。

オススメ機体2:コストパフォーマンス抜群
DBPOWER X400 (by DBPOWER社)

価格:
4,500円〜6,500円

Amazon販売ページ:
http://amzn.asia/d/24cAnIn

安いと5,000円を切る価格で購入できることもあり
とてもコストパフォーマンスに優れた機体です。

835件のレビューで返金星数が4.3と評価の高いトイドローンで
練習機体にも最適な人気種です。

カスタマーサービスが素晴らしい点も高評価ポイントですね。

オススメ機体3:機体の安定性が抜群
Parrot Minidorone MAMBO (by Parro社)

価格:
16,571円〜21,384円

Amazon販売ページ:
http://amzn.asia/d/2QPlMuv

先に紹介したDJI社の他に有名なドローンメーカーがいくつか
ありますが、その中の1つがパロット社です。

パロット社の主力商品がこのマンボであり、機体の安定性は抜群で
初めてドローンを操縦する人にはオススメの機体です。

トイドローンでご紹介している先の2つに比べるとホバリングの性能が
非常に高く、ドローンレースや子どもへのプレゼントにも最適です。

以上の3つがトイドローンのオススメ機種です。

新宿のビックロ、秋葉原のヨドバシカメラなど
一部の家電量販店ではドローン特集が組まれており
購入前にお試しで飛ばすことができることもあります。

もしお近くにお試しブースのある家電量販店があれば
ぜひドローン操縦を試して頂いてから、購入されることを
オススメします。

関連記事

  1. 【決定版】ドローンで初めて動画をYouTubeにアップするまでに学ぶ5…

  2. 【ドローンとは?】知っている様で知らないドローンの定義、用途、有名メー…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。