【ドローンとは?】知っている様で知らないドローンの定義、用途、有名メーカー

家電量販店に行けば、ドローン特集が組まれ
多種多様な機種が所狭しと並んでいます。

新たな可能性を秘めた存在として
日々、技術革新が行われ、世界中から
熱い注目を集めています。

そんなドローンのことをざくっと
初心者の方にも分かりやすくまとめてみました。

「ドローンとはなんぞや」
という方はもちろん

これからドローンを楽しみたい方も
いま一度、ぜひドローンとは一体何か
さらっておきましょう。

ドローンの定義

ドローンの定義を一言でいうならば
”人が搭乗しない航空機”、です。

wikipediaによると、、

無人航空機は、人が搭乗しない(無人機である)航空機のこと。
通称として、短くドローンと呼ばれることもある。

という説明がされています。

実は、「ドローン」という言葉は
あまりにも多くの範囲を指し示す言葉です。

恐らく、あなたが想像している
”ドローン”はもっと範囲が狭く

こういった機種を指していると
思います。

実は、これらの機体は正確には
”マルチコプター”あるいは、
”クワッドコプター”と呼ばれるものです。

wikipediaでは、それぞれ

マルチコプター(英語: multicopter)とは、
ヘリコプターの一種であり、3つ以上のローターを
搭載した回転翼機のことである。

クワッドローター、または、クワドローター(英: quadrotor)
クワッドコプター(英: quadcopter)は、離陸・推進に
4つの回転翼を用いる、航空機の一種である。

という説明をされています。

しかし、実際の現場では一緒くたにされて
すべて”ドローン”と呼ばれています。

余談ですが、当協会を設立する時
上記の理由から、国際ドローン協会ではなく
”マルチコプター”が名前に入った協会名の方が
いいのではないか、という意見もありました。

正確な定義ではありませんが
ドローン=高性能で動画や写真も撮れる
新しいラジコン

という認識の方が一般的かと思われます。

ドローンの使用用途

ドローンの使用用途は
大きく分けて3つに分かれます。

1,一般用途
2,産業用途
3,軍事用途

の3つです。

一般的なのは、飛ばして楽しんだり
写真や動画を撮影する、一般用途ですね。

先で紹介したこちらの機種も
一般用途の代表的な機種です。

産業用途や軍事用途は
飛ばして、撮影するという行動は同じですが

産業用は、土地や建物の測量
軍事用は、敵地の偵察

といった目的の違いがあり
専用の機種やアタッチメントが
用意されています。

私たち、国際ドローン協会では
3つの用途のうち、一般用途と産業用途の
2つをカバーしています。

代表理事の榎本は、ドローン黎明期から
携わっていて、歴は10年を越す日本有数のベテランです。

触った機種数や操縦技術もピカイチです。

ドローンを製造しているメーカー

ドローンを製造しているメーカーは
世界中にあり、日本産のドローンもあります。

ですが、

実質、ドローンメーカーは一強となっており
『DJI』という中国は深センのメーカーが
ほぼ独占状態です。

欲しい機能をもれなく搭載していて
高性能で、カッコいいとくれば、それも頷けます。

DJIのHPはこちら

DJIが出しているドローン機種の中でも
オススメなのは、Mavicシリーズです。

記事中でご紹介しているドローンも
Mavicです。

Mavicシリーズは、一番安い機種で
約10万円と高価ですが、金額に見合うだけの
性能を備えた機種です。

余裕があれば、ぜひMavicシリーズを
買ってみてください。

新しい世界の扉が開きますよ!

ドローンを購入したら、、

そして、ドローンを購入されたら
定期的に開催している当協会の
講習会&実技演習にお越しください。

初心者の方から、レベルアップしたい方に向けて
多数の講座を開講しています。

どのような講習会があるか
ぜひこちらをご確認ください。

講習会&実技演習を確認する

そして、さらにドローンのことを
深く学び、腕を磨いていきたい方は
『IDAグローバルクラブ』
ぜひご入会ください。

講習会が割引になるほか
一流の講師陣から、多くの技術を学ぶことができます。

IDAグローバルクラブの詳細はこちらから

関連記事

  1. 【決定版】ドローンで初めて動画をYouTubeにアップするまでに学ぶ5…

  2. 法規制の範囲外?手軽に始められるトイドローンとは?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。