”NET GUARD”を知ってますか?中国の学生が考えた高層ビルレスキューシステム

ドローンのビジネス利用に面白いニュースが
飛び込んできました。

高層ビルでの火災など緊急事態の時に
活躍するドローンです。

その名も『NET GUARD』。

「NET GUARD」は空高くまで飛ばすことのできる
コンセプト段階の自律型ドローンで、中国広東省の6人の
学生によってデザインされました。

高層ビルでの火災といった緊急事態の際に
レスキューを行うドローンで、危険シグナルをキャッチすると、
GPSを使って火災現場を特定します。

飛んで移動するため渋滞に巻き込まれることはなく、
現場に最速で駆けつけることができます。

そして、現場に到着すると、4つのプロペラ、そ
してその中央にネットが張られた姿に変形して
レスキューを行います。

空高く飛ぶことができ、
空中で人を受け止めることができるのは
4枚のプロペラのおかげです。

ネット自体は4層に重なったポリウレタン製で、
一般男性の体重を支えられるレベルの強度を誇ります。

本体が備えるセンサーは、
ネットに飛び込もうとしている人物を捉え、
キャッチできる位置でスタンバイして待機します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本コンセプトは台湾で開催された
今年のGolden Pin Concept Design Award
(ゴールデン・ピン・デザインアワード)にて
1万3千ドルの賞金を勝ち取りました。

デザインを担当したのは
広東省に住む以下の6人の学生たちです。

・Diao Hao-Ming (刁浩明)
・Liu Xiang (刘翔)
・Li Hao-Hua (李浩华)
・Zhu Nan-Tong (朱南通)
・Li Guo-Yu (李国宇)
・Hu Zhen-Yuan (胡振源)

cf)
http://www.goldenpin.org.tw/en/

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。