1. HOME
  2. 実績紹介
  3. 点検・測量案件
  4. 【⽇本初】都心部の⼈⼝集中地区で、擁壁の点検業務を⼀般社団法⼈国際ドローン協会(IDA)が⽇本で初めて⾏いました。

WORKS

実績紹介

点検・測量案件

【⽇本初】都心部の⼈⼝集中地区で、擁壁の点検業務を⼀般社団法⼈国際ドローン協会(IDA)が⽇本で初めて⾏いました。

⼀般社団法⼈国際ドローン協会(本社:東京都江東区、代表理事:榎本幸太郎)は、
2020年1⽉下旬〜2⽉下旬にかけて、都心部の合計200ヶ所における擁壁調査をドローンを使⽤して⾏いました。

⾶⾏許可の申請と取得、および踏査、夜間⾶⾏での調査などいずれも⽇本初です。

都心部の擁壁調査

全200ヶ所をドローンを使⽤して実施。

踏査期間を含めると30⽇間かけての調査で、⾼性能カメラおよび、⾚外線カメラを利⽤した調査を
株式会社Tokyo Robot Technologyと協⼒して実施致しました。

都⼼部での⾶⾏許可の取得および、安全に配慮したドローンの操縦、調査は
他に例がなく⽇本初の事例となります。

実施に至った背景

従来の擁壁や法⾯調査では、専⾨家が1ヶ所ずつ⽬で⾒て調査して
デジタルカメラで撮影するというやり⽅でしたが従来の⽅式では、
時間がかかりコストもかさむことや、少⼦⾼齢化による専⾨技術者の減少が問題になっていました。

そこでより工期を短縮し、コストを抑えて調査を実施できるドローンを利⽤した調査が求められています。

使用機材

今回の調査で使用した機材は

・Matrice210RTK
・Inspire2
・Mavic2 Pro
・Zenmuse X7

・Zenmuse XT2

です。